前へ
次へ

新郎新婦の友人相手ならご祝儀相場は大体3万円が多い

結婚へのお祝いには言葉だけではなくご祝儀も必要になりますが、いくらお金を包むべきなのかは悩ましい所です。
ゲストとして呼ばれるからには、必ずご祝儀を持参しなければなりませんし、相手との間柄は友人や恩師に上司や知人など、様々なパターンがあるだけに、皆一緒の金額というわけにはいきません。
昔から言われる一般的な相場は3万円とは言われるものの、列席するゲストの人数であったり、新郎新婦とどういった関係かでも金額には違いが出てきます。
新郎新婦との関係性という視点で見た時の相場としては3万円ほど、会社などの上司だったら3万から5万円くらい、親族の場合は多くなるので3万円から10万円くらいですし、恩師の場合は3万円から5万円を目安にすることです。
友人に関しては圧倒的に3万から4万円を包む割合が多く、昔はあまり縁起が良くないとされた2万円を包むケースもあります。
張り切って5万円から10万円を包むこともありますが、この割合は友人関係では多い数ではありません。
披露宴ではそれなりの料理も出されますし、引き出物なども頂くことを考えると、祝福の思いと参加費用として多くの人は、友人相手には3万ほどを包みます。

Page Top